やまだねこと同居人の日常、日々のあれこれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)  [Edit]
ある日ある夜
ヤマホロシ(山保呂之)の花が咲き始めた
ヤマホロシ(山保呂之)の花が咲き始めた(紫から白に変化する花色)

6月に入った。今日は「気象記念日」。
そして、今日から個人住民税(地方税)が引き上げられる。住民税の納付書はまだ届いていないでの、どのくらい変わるのか(上がるのか)は不明。
急かされたり、あおられたり...の5月であった。
日々の作業の終了を目標に、それ以外は何も発信できなかった5月後半。そんな日常のできごと&覚え書きをちょいと。
(↓とりとめもなく続きます↓)
やまだねことヤマホロシ
やまだねことの記念写真(花にはやはり興味なく...)

5月後半のある夜。
帰宅時に集合住宅の長~い廊下を進もうとしたところ、サワ...サワワ...と、風のような音が聞こえてきた。
外装・塗装工事の準備(養生)として設置された、各住戸の壁を覆うポリエチレンの薄いシート(雨の日に使う傘袋と同じヤツ)が、かすかな空気の動きにも反応してゆれ、そのゆれがまた空気の動きを誘い、終わりのないウエーブのように繰り返されていたのだ。
外に面する部分には外装工事開始初期からの網状の幕、床にも養生が施されたその夜の廊下は、細く長く半透明な空間となり、何だか幻想的なイメージでもあった。
MRIも、こんな感じだといいかも...なんて思ってしまった(⌒∇⌒;

5月後半のある日の午後。
前日に行われた高圧洗浄の準備として、いくつかの鉢をベランダから庭に移動していたのだが、洗浄も終わったようなので、と、元の位置に戻そうとしたところ...各鉢下にKGB出現!○_○
“KGB@コウガイビル”はナメクジやミミズを食べるという「扁形動物」(扁平な動物)であり、プラナリアと同じ属、とのこと。
「へんないきもの」という本にも登場していた。
最初に遭遇したのは10年以上前になるが、その姿を目にしたときは、地球に何が起こったのか?などと考えて、立ちつくした記憶がある(その後は、鳥肌状態のまま観察してましたけど <笑)
→「コウガイビル」
姿が見たい、などと思われた方は、覚悟して「コウガイビル」で検索してみてくださいまし(^^;
庭に組み上げられた、やぐらのような足場
庭に組み上げられた、やぐらのような足場(記念に1枚!))

5月最終週、ある日の夕方。
久しぶりに銀座へ。
サイト経由で知り合えた方から情報をいただき、「長島伸夫ねこ作品展」にぶらり。→後日、その様子を少しUPしますね^^

5月最終日。昨日の午後4時をまわったころ。
窓の外に稲妻が光り、時間差で大きな音が聞こえた直後、目の前のTVの画面が消え、後方でも「プツッ!」。妙な音が聞こえた。
やばいぞ!と振り返り、ON状態のままであったはずのMacを見ると、予想通りに電源がOFF!
しばらくして、雷の音が途切れたころに電源を入れて画面を見ると、日付と時刻の設定がなにやら...とのメッセージがあった。
プツッ!とともに1970年に戻ってしまったのだ。
だけど、何故1970年?
Apple社の創設と関係があるんでしょうかね?

やまだねこの5月後半。
相変わらず窓の外には外装工事セット、という環境の中にいて(それなりに慣れてきたようだが)体表にフケのようなものが目立ちはじめた。で、夜中になると“あおあお”言い始めるので、夜毎に、ブラッシングを兼ねての全身マッサージ。
うっとりと腰を高く上げ、ピピンと立てた長いしっぽを小刻みに震わせるその姿に、こちらもうっとり...。
こういうのが互いの「至福の時」というのだろうか?(なーんてね。笑)
ま、そんなこんなの5月なのでありました。


コメント
この記事へのコメント
画像を
検索したいような、したくないような。
コウガイビルの言葉をコピーしたものの、ペーストする勇気がわきません・・・。

ナメクジは苦手なので食べてほしいけど(ワガママな)、ミミズは畑に居てほしいから、やめてー(>_<)

マッサージ、揉み手の心をマッサージ、なんつって^^です。
2007/06/02(土) 15:26:30 | URL | じろう[ 編集]
宇宙生物?
私は見たことがないのですが。
もうずーっと前、弟が庭で宇宙人を見たと騒いでおりました。
それのことかしら?
でも、実物を見る勇気はないのです。
やまだよりさん、ぜんっぜんリアルじゃない絵を描く気ありません?(笑)
2007/06/02(土) 22:29:12 | URL | アンヌ[ 編集]
じろうさんへ
画像だけで見ると、かなり強烈!
背筋がゾワ~と、よりキモい系に感じました(´д`)
なので、ペーストするのはおすすめできませんわ。

はっきりとした生態はよくわかっていないのですが、
ナメクジを食べるという、
どちらかといえば益虫として名前を聞いていました。
ヤツを見てから、うちの庭でナメクジを見ることがなくなり、
でも、ミミズには毎年たくさんお目にかかっておりまする。
都会の公園でも、かなりの頻度で遭遇できるようなんですが
あまり見たくない類の体型なんですよね...;;

揉み手の心をマッサージ♪ いいですねぇ(*^^*)
心地よさというか、体温を感じます~
2007/06/04(月) 15:13:07 | URL | や[ 編集]
アンヌさんへ
弟さんも見ちゃいましたか、宇宙人!
たぶん、同じ物体だと思います、その形容からすると。
私も、最初は地球外生物の到来かと思いましたもの(⌒∇⌒;

実物...見慣れてくれば、なんてことのない生物なんですが
あえて、見たいとか触りたいとか、
そんな気持ちにはとてもなれない姿と体色。 
在来の小型種は地味な色合いで
ハンマーのようなイメージでもあるのだけど、
外来種は大きく長く、ちょと危険を感じるイエロー系(^^;
だけど、こちらに危害を加えるわけでもなく
スル~と、滑るように身を隠そうとする姿勢が印象的ですわ。
なーんちゃってね(笑)

06/04の記事に、拙いイメージ画をUPしております。
ホンモノと比較するとリアルじゃないけど、キモいかも?m(_ _)m
2007/06/04(月) 15:25:17 | URL | や[ 編集]
「長島伸夫ねこ作品展」
私は土曜日の2時過ぎに行って来ました。
長島さんに色々お話しを伺う事ができ、
今までで一番心に残る、作品展となりました。
後日のUP楽しみにしております。
うちの紫陽花『墨田の花火』は最近、
少し青みがかって不思議色です。
2007/06/14(木) 20:03:56 | URL | しい[ 編集]
しいちゃんさんへ
心に残る、ステキな時間を過ごされたのですね♪
時間が合えば、しいちゃんさんのお話や
長島氏のお話もお聞きしたかったのだけど...(残念!)
今回はあたふたとして、写真も撮れず、
複数の方に囲まれてお話されていたので、
ご挨拶も遠慮してしまいました(^^;
連れ帰りたいと思う、あたたかなねこ作品にも出会えたのだけど
次の機会に...と今回は心を残してきましたわ。

「墨田の花火」、ネーミングもステキだし
花と周辺花の、少し弾けるようなバランスがとっても好きです。
花開く場所の環境(土壌?)によって、
それぞれの色味も変化してくるんでしょうね、きっと。
不思議色。←この表現、いいなぁ~(*^^*)
2007/06/15(金) 13:00:07 | URL | や[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。